落下注意

140文字じゃ足りないこと

希薄になる地元

成人式には行かなかった。

うちの市ではここ数年ちょっと有名なバンドが来ているが、自分の年は多少知っているぐらいのバンドだった。一年前は好きなバンドだったので、是が非でも行っただろう。

 

中学の同窓会には行った。

たまたま同窓会の実行委員になっていたが、大学は地元を出て下宿していたので殆ど何も準備には参加出来ず当日の受付と雑用だけしていた。

私は高校から地元の公立高校に行かず中学の同級生が誰もいない私学に進学していたので、地元に関するこだわりが、地元で積み重ねた時間が他の多くの同級生より薄かった。

高校1年生のうちは地元の友人とも遊んでいたのだが徐々に疎遠になり大学に進学する頃にはたまたま道で会えば軽く話す程度の関係性になっていた。

私の中で地元はその時で止まっていたのだ。

当然だが周囲は違う。皆交友を深めながら共に時間を積み重ねてきたし、同じ高校に行った者同士では尚更だろう。

同級生達は高1〜大2までの間に見た目、人間性、関係性etc.は大きく変化していた。その変化に戸惑い、また「馴染めなさ」みたいなのを感じていた。

 

二次会に行く流れの中で、明日早く下宿先に変えられねばならないと言って断った。帰りの電車は皆が降りる駅で降りず、一駅分行き過ぎてから歩いた。コンビニでストロングゼロを買い高架下で1人飲んだが、いつもより苦い気がした。

 

地元には両親が住んでいる。実家がある。友人もいる。決して嫌いな場所ではなく、寧ろ好きではある。だが自分にとって地元は、こだわる場所では、帰る場所ではないのだろう。これから先、就職や結婚など人生のステージが上がるに連れて地元は自分の中でどんどん希薄な存在になっていく。

なんとなくそう直感した同窓会だった。

 

 

今週のお題「二十歳」