落下注意

140文字じゃ足りないこと

希薄になる地元

成人式には行かなかった。

うちの市ではここ数年ちょっと有名なバンドが来ているが、自分の年は多少知っているぐらいのバンドだった。一年前は好きなバンドだったので、是が非でも行っただろう。

 

中学の同窓会には行った。

たまたま同窓会の実行委員になっていたが、大学は地元を出て下宿していたので殆ど何も準備には参加出来ず当日の受付と雑用だけしていた。

私は高校から地元の公立高校に行かず中学の同級生が誰もいない私学に進学していたので、地元に関するこだわりが、地元で積み重ねた時間が他の多くの同級生より薄かった。

高校1年生のうちは地元の友人とも遊んでいたのだが徐々に疎遠になり大学に進学する頃にはたまたま道で会えば軽く話す程度の関係性になっていた。

私の中で地元はその時で止まっていたのだ。

当然だが周囲は違う。皆交友を深めながら共に時間を積み重ねてきたし、同じ高校に行った者同士では尚更だろう。

同級生達は高1〜大2までの間に見た目、人間性、関係性etc.は大きく変化していた。その変化に戸惑い、また「馴染めなさ」みたいなのを感じていた。

 

二次会に行く流れの中で、明日早く下宿先に変えられねばならないと言って断った。帰りの電車は皆が降りる駅で降りず、一駅分行き過ぎてから歩いた。コンビニでストロングゼロを買い高架下で1人飲んだが、いつもより苦い気がした。

 

地元には両親が住んでいる。実家がある。友人もいる。決して嫌いな場所ではなく、寧ろ好きではある。だが自分にとって地元は、こだわる場所では、帰る場所ではないのだろう。これから先、就職や結婚など人生のステージが上がるに連れて地元は自分の中でどんどん希薄な存在になっていく。

なんとなくそう直感した同窓会だった。

 

 

今週のお題「二十歳」

夢の残骸

昔サッカーをしていた時は人並みのサッカー少年らしくプロ選手に憧れていた。サッカーは小学校3年生で転校した際にやめた。

 

小学生の頃『HERO』というドラマを見て、将来は検察官になりたいと思っていた。一方でちょうどその頃、何かの折で将来の夢に書いた時「社長になってお金持ちになりたい」としたのを覚えている。社長の具体的なイメージは全くなく、ただ何となく本音であった検察官と書くのが恥ずかしかったのだ。その程度の覚悟の奴が検察官になれるわけがなかったし、本当に心の底から憧れているわけでもなかった。

 

中学生の頃、『バクマン。』を読んで漫画家になりたいと思った。絵が下手だったので断念した。絵の練習方法を調べることはなかったし、あるいはストーリーや見せ方で勝負しようとも思わなかった。漫画家は自分にとってそこまでのものではなかったのだ。

 

高校生の頃に進路指導のY先生に将来の夢を聞かれた際に、作家になりたいと答えた。その先生は熱心に作家になるにはどうしたらいいか、そしてなれなかった時の人生設計の仕方を考えてくれた。あれから数年、小説は1文字も書いていない。Y先生に、本当にすみません。

 

大学受験の時、ちょうど弁護士が出てくるとある作品に影響されて法学部を受験した。結果が出る頃にはその熱はすっかり冷めており、合格していたが法学部に進学はしなかった。正解だと思う。親には法学部の学費の方が安かったのにと未だに愚痴を言われるが。

 

大学生活の中で教師が主人公の漫画を読んでいた頃は教職課程を履修していたし、料理人に憧れ自炊に凝っていた時期もある。

 

周囲の影響を受けやすく、自分の芯がないので今まで色々な「将来の夢」を懐いてきた。だがそのうち、第1歩を踏みしめたものすらない。結局は全て夢だったのだ。本気で追いかける現実ではなかったのだ。

夢を叶えられる人間は、夢を夢と思わず今の自分の延長線上にある確かな現実だと思って行動出来る人間なのだと思う。

些細な抵抗

大学4年生の6月、このモラトリアムもそろそろ終わりだということに気づいた。正確に言うと、ずっと前から薄々感づいていたが見なかったことにしていた現実と遂に向き合うことにした。

人並みに希望や自信、やる気を懐いて入学したが、振り返ると何も成し遂げられなかったのではないか、何も積み重ねていないのではないかと思わずにはいられない。

 

 

留学には行かなかった。バイトは1つしかしていない。資格は取っていない、それどころかTOEICの点数は入学時と比べて30点ほど下がったし運転免許もまだない。恋人は出来ていない。腹筋は割れていない。第二言語だったスペイン語はあいさつ程度しか覚えていない。成績優秀者への奨学金は全く縁がないほど単位やGPAは低空飛行のままだった。絵や曲、小説など何かを生産することもなかった。

電話レンジを偶然発明しタイムリープを繰り返すことはなかった。黒髪の乙女の姿を追い夜の京都をさまようことはなかった。入るサークルを幾度もやり直すことはなかった、どころか4年の今もずっと同じところで活動中だ。農業大学で発酵について学んではいない。現代視覚文化研究会には所属していない。芸大で群像恋模様は繰り広げなかった。音大でピアノの奇才には出会えなかった。

 

恐らく、いや確実に今からでも留学には行ける。バイトは増やせる。資格も本気を出して勉強すれば取得できるものもあるだろう。タイムリープは難しいが、恋模様は何とかなるだろう。お金や時間は覚悟を決めればどうとでもなる。それでも行動には移せない(移さない)。そうやって生きてきたからだ。

 

だがこのまま同じことを繰り返して、同じ選択肢を選びつづけて、いや選ばずに思考を停止して大学生活を終えるのは嫌だ。

些細でもいい。自分以外の誰にも分からなくていいから、出来るだけ多くのことを選びたいと思うようになった。

これからは出来る範囲で普段聴かない曲を聴き、通らない道を通り、食べないものを食べ、着ない服を着よう。積み重ねれば少しは厚い人間になれるのではないか。今まで選ばずに流されてきた自分に些細な抵抗がしたくなった。

このブログを更新したのだってそうだ。作って放置していたが、誰かの真似事でなく、今の自分の本音を文字列にして残したくて久しぶりにアプリを開いた。

 

手始めに、晩飯を食べに行った松屋で使ったことのないフレンチドレッシングをかけてみた。

これはこれで悪くない。世界が少し広がったかもしれない。

やる夫スレについて:ノンフィクション編

やる夫スレというものをご存知でしょうか?

AA(アスキーアート)という顔文字のメガシンカみたいなものを使って作られるネット上の漫画(と言っていいのでしょうか…)なのですが、あまり有名ではない、もっと言うとアングラな文化なので知らない方も多いと思います。

 

f:id:bitgainstain:20190219000209p:image

f:id:bitgainstain:20190219000148p:image

 

AAとはこんなの↑ですね。単品では見たことがある人もいるかもしれませんね。こういうのを用いた作品のことをやる夫スレややる夫作品と言います。ちなみにやる夫というのは画像2枚目のキャラクターのことです。

 

あまり公言するような趣味ではないというのは重々承知しているのですが、このやる夫スレには意外と面白いものが多いのです。

今回は私が好きなやる夫スレを啓蒙するためにおすすめの作品を軽くご紹介します。

 

歴史系編

いきなり話の腰が折れますがやる夫スレにも色々な系統があります。大きく分けるとフィクションかノンフィクションの2つになるのですがまずはノンフィクションから。

そのノンフィクションの中でも更に歴史系と学ぶ系の2大テーマに分かれます。

歴史系は読んで字のごとく、実際にあった歴史上の出来事や人物が主題となった作品です。

学ぶ系はというと職能や団体、競技、法律など何かについて「学ぶ」ことがテーマの作品です。

では実際に見ていきましょう!

・やる夫で学ぶ第一次世界大戦

それにつけても金のほしさよ やる夫で学ぶ第一次世界大戦 まとめ

高校の世界史ではさらりと触れる程度でしか学ばず、直近の世界大戦である第二次世界大戦の影に隠れがちな第一次世界大戦。クリスマスまでには終わると言われた戦争が何故5年間にも及ぶ泥沼になったのか。

連合国と同盟国、それぞれの陣営の視点から大戦が描かれている作品です。

前半のドイツのイケイケっぷりと連合国のぐだぐだっぷりからの後半の逆転度合いよ……

地図などもちゃんと作品中に出てくるのでヨーロッパの地理に疎い人でも戦いの状況が分かりやすいと思います。

やる夫は(開戦前夜と特別編を除き)ドイツの参謀長ルーデンドルフとなり、大戦を戦い抜きます。

 

・やる夫がフューラーになるようです

それにつけても金のほしさよ やる夫がフューラーになるようです まとめ

フューラーというドイツ語に聞き覚えはあるでしょうか。

日本語に訳すと総統になります。そうです。彼、アドルフ・ヒトラーのことです。

一介の軍人崩れだった彼が如何にしてドイツを支配するに至ったのか。やる夫がヒトラー役となりその過程が描かれています。

言っておきますがめちゃくちゃ濃いです。それでいて当時のドイツの政治世界、国際情勢がわかりやすく説明されていて非常に勉強になります。

一般にナチスは民主的な手続きを経て、大衆に支持され独裁を果たしたと思われがち(実際に私もそう思っていました)。実際には時代の流れ・ワイマール共和国下の大統領内閣という特殊さなど様々な条件がが相まり第三帝国は君臨したのであり一概に民に選ばれたとは言い難いことが分かるはず。

上の第一次世界大戦スレの『その後』、敗戦したドイツの辿った道を追体験出来ます。合わせて是非。

 

・やる夫がアフリカで奇跡を起こすようです

泳ぐやる夫シアター 歴史系(世界史) やる夫はアフリカで奇跡を起こすようです

ボツワナという国をご存知でしょうか?アフリカの南の方にある国ですが、ここはアフリカでは珍しく「健全な」国家運営がされています。

その礎となっているのが国父、セレツェ・カーマです。

やる夫はカーマとなり、イギリスの植民地であったボツワナの独立と発展まで導きます。

ニコニコ大百科に私より分かりやすいあらすじがあったので、こちらもどうぞ。

 アフリカ大陸の黒人国家というと、人的資源や魅力的な自然環境、石油・金・銀・ダイヤモンドなどの天然資源が豊富であるにも関わらず、人種対立・民族対立・宗教対立に明け暮れる“ヒャッハー無法地帯”ばかりな印象が根強い。

 そうした中、アフリカ大陸南部の内陸地にある「ボツワナ共和国」だけは、そうした紛争状態に陥ることなく、国としての成長を遂げた。本作は、なぜボツワナだけがそのような国づくりができたのかを描き、そしてアフリカ南部の「超大国」であり、アフリカの20世紀の縮図でもあった「南アフリカ連邦南アフリカ共和国」の激動を活写した大作である。

 完結作であり、まとめサイトもある。南部アフリカなど、一般的な日本人にとってほとんど馴染みのない地域のひとつであるが、戦後日本が歩んできた道、そして現代日本が抱える諸問題に対して示唆を与える事象が少なくない。動画化を楽しみつつ、本文を読み込んでいくことを強くお勧めする。 

ニコ動に本作を元にした動画がありますが、やはり原作がいいと思います。是非。

 

・やる夫が徳川家康になるようです

やる夫シリーズまとめるお やる夫が徳川家康になるようです

タイトルが全てを物語っていますね。

やる夫は徳川家康になり、前半生の苦悩と後半生の栄華、そして江戸幕府が開かれ太平の200年に至るまでが描かれています。

個人的ににですが、この作品のもう1つのテーマは「家族」だと思っています。

幼少の頃には今川の人質に出された竹千代(家康の幼名です)。中々家族には恵まれず、それでも懸命に生き最後は息子と家臣に後代を託し逝く。その絆の尊さについて考えさせられます。

 

歴史系だけで埋まっちゃいましたが、今回はこの辺で。また語ります。

 

『うたかたダイアログ』:当意即妙ラブコメディ

今回は紹介するのは稲井カオル先生作の『うたかたダイアログ』全3巻。ツイッターで紹介されているのを見て面白そうだったので一気に全巻買ってしまいました。

全3巻っていいですよね。大人買い出来て且つ財布へのダメージは少なくちょっとした背徳感と罪悪感に溺れる程度で済む巻数です。

 

無意味で有意義な唯一の時間

この漫画の主人公は同じバイト先の同級生な2人。天然でいてクール、変化球なボケを繰り出す「宇多川」とヤンキーなのに恋愛脳(宇多川専用)で切れ味鋭いツッコミが持ち味の「片野」が日々無駄な会話をするだけ、というだけのお話です。ちなみにボケとツッコミは入れ替わり制でどちらもこなします。

 

「うたがわ」と「かたの」の会話=ダイアログだから「うたかたダイアログ」。泡沫(うたかた)のように浮かんではすぐに消える、明日になったら忘れているような日々のしょうもない無駄話を描いただけの漫画ですが、軽妙なトークと丁寧なキャラクター描写があいまりとても面白いのです。

 

青春の輝き、あるいはI need to be in love

まぁこの見出しはカーペンターズの同名の曲「I need to be in love 」とその邦題「青春の輝き」から取ったのですが、非常に良い訳だと思いません?さらに余談ですがこの曲はTBSのドラマ「未成年」の主題歌だったそうです。未成年の青春の輝き。そこもまた“良い”です

閑話休題。軽く前述しましたが片野は宇多川に惚れています。バレバレです。一方の宇多川は片野にまるで気がないようでいて、時折ドキッとしたりしなかったり。

2人の縮まるようでいて縮まらない、忘れたころに急接近する「青春の輝き」も魅力です

 

無駄話は青い鳥

この漫画の全ては最終回のモノローグに凝縮されているように思います。

美しい青春なんて追い求めなくても

探しているものは意外とすぐ近くに

例えばこんな

どうしようもない無駄話の中に

休み時間に、帰り道に、教室で、電車のホームで、食堂でした無駄話。すぐに忘れていたりいつまでも覚えていたり。ラブとコメディのバランスが絶妙な青春のロスタイムを思い出せるような良作です。

興味を持った方は全3巻なので気軽にお試しください。

そして花とゆめで連載をリアタイで追っていた方、3巻書き下ろしのエピローグのためだけでも買う価値があるのでぜひ!!マジで!!!

 

 

うたかたダイアログ コミック 全3巻セット

うたかたダイアログ コミック 全3巻セット

 

 

 

大企業と中小企業の違い:些細なこと

就活でちらほらとつまみ食いするように色々な企業に行っているのですが、そこで気づいた大企業と中小企業の絶対的な違いがあります。

予め言っておきますがしょうもないことです。あとここで言う「大企業」とは資本金と従業員数が云々という法律的な違いではなく、≒有名企業の意味です。

 

さて本題の違いですが、大企業の方がオシャレな方多くないですか?勿論来ている就活生にではなく社員さんが、です。スーツがビシッと決まっていると言いますか、身だしなみがしっかりされていると言いますか……

当然そこにオシャレ→大企業という因果があるとは思っていません。大企業の方が収入や時間に余裕があって、それが結果として身なりに出ているとかそんなの程度のことなのでしょう。

 

働くなら余裕を持って日々を過ごしたいデスよね!というお話でした。

ダサい就活生になりたくない②

①の続きです。今回は偏見強めですので、あらかじめ謝罪致します。すみません。

 

⑤髪は整えよう

そのまんまですね。最低でも寝癖は直して、出来れば整髪料でセットしましょう。服装はバッチリ決めているのに髪の毛で手を抜いているのがパッとしない理由の多くを占めているのではないでしょうか。

僕はスーツにはジェルとかを使ったツヤ感のあるスタイリングが合うと思っていますが、好みとTPOがありますしそこはやりすぎなけはば好きな感じで大丈夫でしょう。ただおでこは出した方がいいと思いますよ。

 

⑥それでも第1ボタンは閉めよう

苦しいのは分かります。僕も出来ることならネクタイは外したいですし第1ボタンは開けたいです。多分社会人皆同じことを思っています。ただそれでも、せめて説明会の会場にいる間は第1ボタンを閉めましょう。そして帰りの電車でこっそり緩めましょう。

 

⑦髭を剃れ

話はそれからだ。

 

⑧就活コートってなんであんなダサいん?

f:id:bitgainstain:20190202132739j:image

こういうのとか

f:id:bitgainstain:20190202132743j:image

こういうのですね。奇しくも両方とも右上を見つめている写真ですが、なんでこんなにダサいんですかね。多分ですがガンフラップやエポーレット、よく分からないベルトなど実用性のないデザインが盛り込まれているのが大きいじゃないでしょうか。

あと生地感ですよね。如何にもナイロン!!!みたいな安っぽい感じでそれにシャドーストライプが加えたあったりして。

ゴテゴテしたデザイン×安っぽい生地感の相乗効果があんなにもパッとしない感じ生み出しているので、こういう就活コートはやめましょう。シンプルなステンカラーやチェスターで充分だと思いますよ。

あと余談ですが、女性のベージュトレンチコートにチェックのマフラー率エグいぐらい高いですよね。なんでなのでしょうか。

 

そして最後に最も重要なポイントです

⑨背筋はピン!と

どれだけ服装・髪型が決まっていても背筋が曲がっていたら台無しです。はい。僕は超猫背なので気をつけます。

ダサくない就活生をめざして頑張っていきましょう。

 

早く就活終えて温泉行きたいものです。